(Sponsored Links)

体験ダイビングへの参加を考えている人は、ほとんどがダイビング初体験になると思います。何が必要なのか、あると便利なものは何かなど、持ち物についてはなかなか想像しにくいかもしれません。体験ダイビングツアーが開催される地域や季節によって多少の違いはありますが、以下の持ち物は大体共通です。

これから体験ダイビングをする予定がある方は、このページ以外にも下記の記事が参考になると思います!お時間があればぜひどうぞ!

  • 体験ダイビングの不安解消!18の疑問に答えます!
  • 体験ダイビングをするショップの選び方
  • 体験ダイビングの予約・申し込みの方法

水着

「ダイビングってウェットスーツを着るのに、さらに水着が必要なの?」と思う人もいるかもしれませんが、水着はウェットスーツの内側に着るインナーとして使います。赤道近くの海外の海ではウェットスーツを着ずに、水着だけで潜ることもあるかもしれません。

「どんな水着でもいいんですか?」と質問をされる事も多いのですが、特にタイプの指定はありません。ただ、ウェットスーツが体にぴったりと密着するので、ヒラヒラしたりごわつくような水着だと、スーツの内側がかさばるかもしれませんね。

夏休み旅行のアクティビティとして体験ダイビングを考えている場合などは、旅行中にビーチでも水着を使う可能性はありますし、ファッション性や可愛さを重視しても問題ありません。手持ちの水着で間に合いそうなら、あえて新しく買う必要も無いでしょう。

体験ダイビングに関して言えば、男子は普通のサーフパンツ、女子はビキニを着ている人が多いですね。ワンピースも可ですが、トイレで少々面倒になるかもしれません。

ダイビング以外にマリンスポーツをする人は、サーフパンツ用のインナーやラッシュガードを持っているかもしれません。それらはもちろんダイビングでもウェットスーツのインナーとして使えます。

また、水着を忘れてしまっても、ウェットスーツのみ(内側に水着無し)でダイビングをすることは出来ます。ただ、きれいなウェットスーツでも、何となく衛生的に気になるでしょうし、皮膚の軟らかい部分はスーツに擦れて痛いこともあるので、忘れず水着は持参しましょう。

水着はビキニ・ワンピース・サーフパンツなど、なんでもOK。ただし、シンプルでごわつかないものがおすすめ。

バスタオル

ダイビング後にシャワーを浴びる時のためのバスタオルです。普通のバスタオルよりは、水泳などで使うセームタオルがバッグへの収まりも良くおすすめです。吸水性が抜群な上、絞ったらすぐにまた使えるので、小さいサイズ1枚で体全体が拭けます。

海水浴などいろんなシーンで活躍しますし、高いものでもないのでこれを機会に購入しても良いかもしれません。

サンダル

必須というわけではありませんが、南の島では普段町を歩くのにも便利です。ダイビングでも海に潜っている時以外は、ブーツよりサンダル履きでいた方が足も蒸れず楽ですよ。

なお、リゾートダイバー御用達のギョサンなんてのもあります。昔はダイバーと言えば味気ないゴム草履が普通だったんですが、色が付くだけでカッコ良く見えるもんです。

日焼け止め

日焼け止めに関しては、手放せないという人もいると思うのですが、そこまで気にならないなら使わない方が良いかもしれません。

顔にばっちり日焼け止めを塗っている人は、水中でマスクがすべって上側にずれてしまい豚鼻になる上、マスク内に水が入って慌ててしまうかもしれません。

また環境の面からも、日焼け止めの油分が流れてしまうのは海によくありません。どうしても必要ならば、環境に優しいタイプを薄ーく塗るだけにしておくのが無難です。普段はしっかり日焼け対策をしていても、海に来た時ぐらいは少々日焼けした方が楽しいもんです。

快適なダイビングと環境のために、日焼け止めは出来るだけ使わない方が良いでしょう。

酔い止め

ダイビングではビーチで潜る場合でも、水中で波に揺られて、船酔いに近い状態(波酔い)になってしまうことがあります。波酔いをする確率はそんなに高くはないのですが、日頃から乗り物に酔いやすい方は、事前に酔い止めを飲んで来るといいと思います。

またボートに乗る体験ダイビングの場合は、波酔いの他に普通の船酔いの心配も出てきます。

酔い止めの使用自体には賛否両論があるのですが、せっかくのダイビングで酔ってしまっては楽しくありませんし、自己責任で服用するのは構わないと思います。ダイビングの現場で比較的よく見かけるのはアネロンですね。

集合時・来店時の服装

ダイビングをする時にはウェットスーツを着ますので、服が汚れてしまうという事は少ないのですが、おしゃれで手の込んだ着替えにくい服よりは、シンプルなものがいいでしょう。

ダイビング後の事も考えて、ちょっとした海辺で遊べるような格好がいいと思います。余談ですが、集合時には水着を服の内側に着ておくと、着替えや準備がスムーズになり、担当インストラクターにも好印象だと思います。

体験ダイビングでは、ダイビング器材やウェットスーツは全てショップが用意してくれますので、最低限必要なのは水着とバスタオルだけです。海水浴に来たついでくらいの準備で大丈夫ですよ!

レンタカー

今や旅行とレンタカーはセットみたいなものです。体験ダイビングのロケーションとしては、沖縄の他、グアム、サイパン、ハワイなどのメジャーな海外エリアが人気ですが、いずれの地域でもレンタカーがあると旅が一気に便利になります。

旅行自体を自分たちのスタイルにカスタマイズできますし、のんびりしたり、がっつりスケジュールを詰め込んだりと、レンタカーがあれば時間の使い方も自由に。

また、彼氏彼女同士やお子様がいるファミリーなどは、自分たちだけの空間を確保して移動が出来るとリラックス出来ますよね。

体験ダイビングに必須ではありませんが、かさばる荷物を置いたり、ダイビング後の移動がスマートになったりと、レンタカーがあるとかなり楽です。

旅行会社のプランにレンタカーが付いていることも多くなりましたが、まだお申込みで無い方はご利用をおすすめします。